もしも事故をしたら

第一は、被害者の救出です!

これは常識です。
事故はほとんどの場合双方に過失があります。
100:0になるケースは

  1. 赤信号無視
  2. センターラインオーバー
  3. 止まっている車に衝突
くらいしかありません。
当事者間で示談せずに必ず保険会社に相談をしましょう。

  状況を判断して 怪我人の救助→第二次事故の予防→警察に連絡
  警察での事故の調査終了後→保険会社に連絡

     「事故の連絡しなくちゃ!」確認事項


  いつ?


・・・・


事故発生日・時刻
  どこで? ・・・・ 事故発生場所、届書警察
(必ず警察に届けてください)
  だれが? ・・・・ 運転者の氏名・ 生年月日
  どうして? ・・・・ 事故状況・原因
  どうなったか ・・・・ 1.相手の氏名、住所、電話番号
物損 ◎相手車の登録番号
◎相手車の入庫修理工場
◎相手車の損害の程度
人身 ◎相手の怪我の状況
◎病院名
◎契約者の自賠責の証明書番号

2.契約者側の確認
 ・怪我の状況
 ・車の損害の程度
 ・入庫先、入庫日


を、報告してください。
なお、警察に届けを出していないと事故証明が取れず、保険金は支払われませんので、必ず届けるようにしましょう。
夜間、休日の事故は、保険会社にはそれぞれ専用窓口がありますのでそこに連絡しましょう。


     病院での治療について

念のため、病院には行くようにしましょう。
事故で病院に行った場合、保険証を使って治療する場合があります。
もし、貴方が被害者の場合、どうして自分の健康保険を使って安くしてあげなきゃいけないのだろうと、思うかもしれません。
ですがこれは、「治療費の圧縮」のための健康保険の利用であり、だからと言って被害者の方が損をするわけではないのです。 同じ治療をしても、事故の治療の診療費は高くなる場合があります。事故の場合病院側で治療費を自由に設定することができるからです。
ただ、必ず「第三者行為による傷病届」を社会保険事務所または健康保険組合に、提出しなければなりません。 届け出をすぐに作成できないときは、口頭でも電話でもいいので、一刻も早く届け出ておいて、後日、正式の書類を提出してください。